ぺえ小児科内科医院

熊本市南区の小児科( 韓国語・英語対応 ) ぺえ小児科内科医院

〒861-5253 熊本県熊本市南区八分字町89-1
TEL 096-227-3163

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

気をつけて!こんな症状

気をつけて!こんな症状


子どもは、体に変調をきたしても、なかなか的確に表現できません。そこでお母さん。「ちょっとおかしいな」と気づいたときには、まずその様子をつぶさに観察してみて下さい。
痛みや発熱はあるのか、顔色に変化はないか、おしっこや便の状態はどうだろう、発疹はないか、・・・・・・。
子どもにどんな症状があって、それはいつごろからはじまり、どのような起こり方をしたのか(突然に、あるいはだんだんと)といったことをきちんと整理しておくと、病院での医師の問診にも、より正確に伝えることができ、的確な診断の助けになります。

 

熱がある

熱は様々な病気の症状としてあらわれます。体の様子をしっかりと観察して下さい。食欲などにも注意を。

熱がある 熱が続いている 咳が出て、息が苦しそう、顔が青白い 肺炎、急性気管支炎などの疑いがあります。
急いで病院へ。
高熱が続いて、尿が濁っている、顔が青白い 急性腎盂腎炎が考えられます。小児科へ。
急に熱が出た 軽い咳や鼻水、下痢などがある まず、かぜが考えられます。安静、保温心がけて下さい。
1~2日たっても熱がひかないときには、小児科へ。
急に熱が出て、数分でおさまるひきつけを伴う 熱性けいれんの疑いがあります。静かに寝かせて、頭を冷やして下さい。
落ち着いたら小児科へ。
強い腹痛を伴う 虫垂炎の疑いがあります。お腹を温めないで下さい。すぐに病院へ。
軽い腹痛、下痢を伴う 急性胃腸炎、インフルエンザの疑いがあります。小児科へ。
咳がひどく、息が苦しそう 気管支炎、肺炎、のどの痛みがあれば扁桃炎などが考えられます。
保温、保湿に気を配り、なるべく早く小児科へ。
耳の痛みがある、ものを噛むと痛がる 中耳炎やおたふくかぜの疑いがあります。冷湿布をしてあげて、安静に。小児科へ。
尿に濁りがある、排尿時に痛がる 膀胱炎や腎盂腎炎の疑いがあります。
水分の補給を忘れずに。小児科か泌尿器科へ。

 

発疹が出た

皮膚に発疹があらわれたとき、かゆいところをかきむしるのは禁物です。また、発疹が消えるまで、入浴はひかえましょう。

発疹が出た 熱がある 熱が出ると同時に発疹があらわれた 水疱があってかゆい 水ぼうそうが考えられます。小児科へ。
赤く小さなブツブツが全身にあらわれた 風疹の疑いがあります。小児科へ。
両頬に赤い斑点があらわれた 伝染性紅斑が疑われます。小児科へ。
熱が出てから2~3日後に発疹があらわれた 手の平、足、口の中に水疱があらわれた 手足口病の疑いがあります。小児科へ。
手の平や足が赤くなり、目が充血し高熱が1週間も続く 川崎病が考えられます。すぐ小児科へ。
何か薬を服用した後に発疹が出た 薬疹の疑いがあります。小児科へ。
熱はない 水疱が破れて広がり、かさぶたになった とびひが考えられます。患部をかかないように。
かゆみがひどく、顔や首、ひじや膝の裏に発疹ができる アトピー性皮膚炎の疑いがあります。皮膚科か小児科へ。
赤く盛り上がったブツブツが全身に出たり消えたりする じんましんが考えられます。何を食べたかを記録しておいて、皮膚科か小児科へ。
顔や膝の裏、ひじの内側などにブツブツや水疱があらわれる あせもや湿疹が疑われます。皮膚科か小児科へ。

 

せきが出る

せきは一種の防御反応。炎症から体を守ってくれます。しかし、急に激しくせき込むときは要注意。

せきが出る


軽いせき、くしゃみや鼻水などを伴う かぜでしょう。安静にして、様子をみましょう。
のどの痛み、高熱、下痢、吐き気、関節や筋肉の痛みを伴う インフルエンザの疑いがあります。小児科へ。
たんがからみ、特に夜間はゼーゼーする 気管支炎や肺炎、細気管支炎などが疑われます。小児科へ。
特に夜間、犬の遠吠えの様な音のせきが出る、粘りけのあるたんが出る 急性喉頭炎の疑いがあります。保温に心がけましょう。小児科へ。
呼吸がゼーゼー、ヒューヒューとなり、せき込みを繰り返す 小児喘息や喘息様気管支炎が疑われます。(熱がない場合も多い)小児科へ。
顔色が青ざめ、ゼーゼーが激しく、ときに呼吸困難をまねく 気管支喘息や肺炎の疑いがあります。すぐに小児科へ。


ない
特に起床時に激しくせき込み、長時間続き、よくたんがからむ 気管支拡張症が考えられます。小児科へ。
顔を真っ赤にしてせき込むが、せきがないときはけろっとしている。ときにむくみ、嘔吐を伴う 百日せきが考えられます。保温、保湿を心がけて下さい。落ち着いているときに、小児科へ。
突然むせて、激しくせき込む。呼吸が苦しそう。 何か異物を飲み込んだ可能性があります。すぐに病院へ。

 

下痢をした

下痢をしたときは、脱水症状、つまり体内の水分が不足することが最も気がかり。水分の補給を忘れずに。

下痢をした 急に下痢をした 水の様な便、血や粘液の混じった便 を頻繁にして、ぐったりしている 急性胃腸炎や食中毒の疑いがあります。 水分を補給して、すぐに病院へ。
軟便、下痢のほかにかぜの諸症状がみられる かぜでも下痢を起こすことがあります。 安静にして、しばらく様子を見てください。
下痢以外に、これといった症状はみられない しばらく様子を見てください。 なかなかおさまらないときには小児科へ。
普段からよく下痢をする 牛乳を飲んだり乳製品を食べる ときまって下痢をする 乳糖不耐性下痢が考えられます。 一度、医師に相談を。
  牛乳など特定のものを食べると下痢が起こり、ときに血が混じったりする 腸管アレルギーが考えられます。小児科へ。
  下痢、便秘を交互に起こし、ときには吐き気、腹痛などを伴う 過敏性腸症候群、慢性消化不良症などが考えられます。一度、小児科へ。
  発熱があり、便に血液がついている 赤痢やキャンピロバクター腸炎の疑いがあります。すぐに小児科へ。